キャットフード 食べない

キャットフードの正しい与え方とおやつについて

投稿日:

猫のおやつってどんなものがあるの?

 
猫のおやつには昔から有る鰹節・カニカマ等の他にスナックの様なカリカリとした食感の物スープタイプの物・とろみの有るペースト状の物まで様々なタイプのおやつが存在しています。
 
*注意:人間が食べる鰹節やカニカマ等は塩分がきつすぎて猫の健康を害してしまう恐れがあります。

必ず塩分が少ない猫専用のおやつを与えましょう。
 
容易に出来ない猫の歯磨きをおやつで出来てしまうものも登場しています。

硬めのスナック状でギザギザとした形が特徴の物です。

猫が美味しくおやつを食べている間に歯の汚れを取ってくれる優れ物です。

この様な機能を持たせたおやつは海外製品だけでなく最近は国内メーカーの物もあるので猫の好みの物を与えてみましょう。
 
あとはナチュラルな素材を使った無添加のおやつも登場しています。
 

主に鶏のささみや鹿肉等のフリーズドライ・ジャーキー等のおやつです。

猫の体に優しい無添加素材に拘る飼い主さんからの人気が高いです。
 
おやつは人間同様、猫にとっても大きな楽しみでもあります。可愛くおねだりされるとついつい与えてしまいますね。

与えすぎは肥満や内臓に負担をかけ病気を引き起こしてしまう為良くありませんが、効果的におやつを使いしつけや投薬をスムーズにする事も出来ますので飼っている猫の好きなおやつを日頃から見つけておくと良いでしょう。
 
 
 

危険な与え方や誤った与え方とは?

 
 
猫にはムラ食いの子・早食いの子等食事のスタイルがまちまちです。

犬とは違いちょこちょこ食べる習性がある為キッチリ回数を決めて与える事が難しい動物です。

小食で食欲にムラの有る子には置き餌が合っていると感じる飼い主さんも多いのも事実です。

置き餌にするか時間を決めて与えるかどの与え方が正解と言い切れないことが有ります。
 
置き餌のデメリットとしては猫が食べている量が把握しにくい事・酸化したフードを食べてしまうリスクが高い事です。

置きっぱなしのフードは香りが飛んでしまっていて猫の食欲を刺激しにくくなります。
 

反対に食欲が旺盛な子は出された分を食べたいだけ食べてしまう為肥満の原因にもなります。
 
基本的な食事回数は1日2回~3回ですが消化力の低い子猫や老猫などには4回~6回に分けて与える事が望ましいです。

飼っている子の体調や成長度合いに合わせ時間・回数を決め与えることを心がけましょう。
 
もう一つ注意したいのは人間が食べられても猫が食べてはいけない危険な食物が結構ある事です。

代表的なのは玉葱・韮・ニンニクなどのネギ類の野菜です。

アリルプロピルジスルフィドと言う成分が血液中の赤血球を破壊し貧血血尿などを引き起こします。
 
 

この成分は加熱調理しても消滅しないので人間が食べる調理済みのハンバーグや餃子などを誤って猫が食べないように注意しましょう。

アリルプロピルジスルフィドが含まれるその他の野菜はカリフラワー・ブロッコリー・キャベツ・カブ等にも少なめですが含まれています。

手作りトッピング等でこれらの野菜を使用している場合は連続で与えないようにしましょう。

-キャットフード 食べない

Copyright© 愛猫がキャットフードを食べない!?原因と改善方法は? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.