キャットフード 選び方

キャットフードのカロリー量や粒の大きさの基準とは

投稿日:

 
飼っている猫の年齢や体調に合わせて必要なカロリーが変わってきます。
与えるキャットフードの量でカロリーのコントロールができます。
まずは体重や体調を把握しいつも与えているフードで必要なカロリーを賄えているのかを確認しましょう。
 
 

一日に必要なカロリーの計算方法

 
健康な成猫の場合は体重×80kcalで計算します。
4㎏の子であれば320kcalが1日で必要という事ですね。
 
完全室内飼いで運動量の少ない成猫の場合は体重×70kcalと計算します。
避妊・去勢手術を受けた子は太りやすいと言われていますので体重管理が必要になってくることも配慮しましょう。
肥満は人間同様猫にとっても万病の元ですがダイエットさせたいからと言って急激にフードの量を減らすのは逆効果です。
ダイエット専用のフードや避妊・去勢手術を受けた子用のキャットフードに切り替えてみる事も視野に入れてみてください。
 
また、子猫の場合は体重×200kcalで計算します。
生後1か月ほどたてば乳歯が生えドライフードを開始する頃です。
 
生後1か月の平均体重は約400g~500gですので400g×200kcal=800kcalが必要です。
子猫専用フードは少量でも必要なカロリーを摂取できるようになっています。
妊娠中・出産後のお母さん猫も沢山の栄養が必要ですのでカロリー・タンパク質等栄養豊富で良質なフードを選びましょう。
 
 
 

キャットフードの粒の種類や大きさは何を選べばいいの?

 
キャットフードには様々な大きさや形の粒が有ります。
大粒の物は1cm程の物から小さな物は薄い5mm程の物までバリエーション豊かです。
 
子猫は噛砕く力が弱かったり、老猫は口内炎や歯肉炎を患いよく噛めない事が有ります
子猫用や老猫用のフードの粒を見てみると食べやすさの配慮から小粒の物が多いですね。
 
健康な成猫でもキャットフードをよく噛んで食べる子・丸呑みする子等色んな癖を持った子が居ます。
注意したいのは丸呑みは決して悪い事ではないのですが早食いし吐き戻すパターンを繰り返す子の場合です。
猫は吐き戻しをよくする動物ですが頻発すると体への負担が大きいので早食いさせない工夫が必要です。
小粒タイプのフードを勢いよく丸呑みし吐き戻してしまうタイプの子は早食い防止のお皿を使ってみるとか一度に1回分のフードをお皿に盛らずに少量ずつ与える等早食いし辛い環境を整えましょう。
 
日頃の食事の様子を観察すると食いつきの良いフードの大きさだけではなく形の好みが分かってきます。
単純に体の大きさに比例して粒の大きさを変えるのではなく個々に合った粒の大きさを選ぶ事が大切です。
最近ではキャットフードを扱うお店でフードの粒のサイズや形を表示している所も有りますので参考にしてみましょう。
 

-キャットフード 選び方

Copyright© 愛猫がキャットフードを食べない!?原因と改善方法は? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.