キャットフード 食べない

猫がキャットフードを食べない!どうすればいいの?

投稿日:

 
離乳前後の子猫や歯肉炎や高齢な猫等キャットフードを上手に食べられない子が居ます。

その為キャットフードに食べやすくなるような工夫を施すことでグンと食べてくれるようになります。
 
まずはキャットフードをお湯でふやかす方法です。

この方法は消化力が弱い子や口内炎や歯肉炎で口の中に痛みがある子に効果を発揮します。

与える時の温度を人肌位の温かさにすれば香りも立ち食欲もわいてきます。
 
 

食べやすくする工夫 その2

 
次におすすめの方法は粒をミルや麺棒等で砕きサイズを小さくしてあげる事です。

この方法は離乳期に入りそろそろドライフードを食べる練習をさせたい子猫やウエットフードが苦手な老猫・療法食を食べなければいけないのに上手に食べられない子
吐き戻しを繰り返してしまう子に有効です。
 
砕き方は厚手のビニール袋に入れて麺棒などで軽く叩いて砕く方法が粒が飛び散ることなく簡単です。

猫の食べ方を観察し食べやすい粒の大きさを探してみましょう。
 
*吐き戻しをしてしまう子については早食いでキャットフードを丸呑みしてしまう子が多いので

早食い防止の食器を使う事や一度にたくさんのフードをお皿に入れず少量ずつ与える事も検討してみてください。
 
もっと細かく粉末に近い状態にするのは乳鉢やすり鉢も良いですが、キャットフードが硬いと粉末にするまでに結構な時間を要してしまいます。

その為電動のミルやフードプロセッサ―で砕く事がおすすめです。
 
 

食べない時は体調不良化も?体調をチェックするときのポイントは?

 
猫は好きなキャットフードが必ずあります。
 
そのキャットフードを食べない場合やいつもより食べる量が少ない場合は猫の体調が不安定な場合も考えられて危険です。
 
人間に例えると好きな食べ物を急に食べなくなったり食欲が無くなったりしたら何かしらの病気なのかな!?風邪でもひいたのかな!?疲れたのかなと言った感じで不安になりますよね。
 
人間は表情や態度で何が原因か分かりますし、また話し合う事で解決する事も多いですが、猫は人間と違って見た目で体調が悪いかどうかわからない場合が多く気づけない事があります。
 
明らかに見た目で体調が悪いと分かるくらいの状態だと猫の病気の進行がかなり深刻な所まで行ってしまう可能性が高いです。
 
もしいつも食べているキャットフードを急に食べなくなったら猫が体調が悪くて辛くて助けて欲しいというSOSを出しているのかもしれないです。
 
キャットフードを食べた後に頭撫でても反応が鈍かったり、じゃれてこなくなったりしたら猫の体調が悪かったり病気なのかもしれないですね。
 
常日頃から猫の細かいところまで見て行くことで猫の体調にいち早く気づけて長生きしてくれるようにキャットフードをあげる際は食べ残しにも気をつけて見て下さい。

-キャットフード 食べない

Copyright© 愛猫がキャットフードを食べない!?原因と改善方法は? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.